安全性&有効性

質の高いデータを実現することにより患者の安全性を確保し、化合物の有効性を測定

質の高い結果により、統計解析における検出力を向上

ERT は中央化した臨床試験における電子アウトカム評価(eCOA)、呼吸器系および心臓安全性解析において最も広く利用されているソリューションに特化しています。患者の安全性を確保し臨床試験の化合物の有効性を測定するために設計された統合ソリューションが 3 つあります:ERT eCOA、呼吸器、心臓安全性中央解析。

合理化
エラーが発生しやすく、データの質が損なわれやすい紙を用いた手動のシステムで格闘する必要はもうありません。

簡単
簡単に国、言語を追加し、治験への要件を
インポート/エクスポートできます。

大きな影響力
変わりつつある規制要件とガイダンスについて戦略的な知見を得ます。


ERTの経験により治験におけるリスクと複雑性を
最小限に抑えます

当社は臨床、治療、規制における50年を超える経験とテクノロジーおよび手順に関連した知見を持ちます。この経験と知見を利用して、私たちは治験をすばやく確信をもって前進できるようお手伝いします。


9500
管理した治験総数
550
支援した
承認医薬品総数
230k
支援した
治験実施施設総数
3M
登録患者数
106
対応国
114
対応言語

さようなら不確実性。こんにちは確信。

私たちは治験における有効性と安全性評価項目、技術におけるリーダーシップ、規制に関する専門知識を収集・分析してきた数十年におよぶ経験を活用して、リスクとデータの不確実性を最小限に抑え、迅速に治験を進められるようにします。

eCOA

研究の邪魔にならない臨床試験における電子アウトカム評価(eCOA)技術で
研究を加速させます。当社の eCOA 技術は簡単に使えて、予測可能。場所にかかわらず、あらゆるモバイル機器と研究から、同じデータを収集する直観的な環境を備えています。

12万以上のeCOA 治験実施施設を支援

呼吸器

データの質を要求すれば、呼吸器系の治験でも安心。呼吸器系の治験ではリスク管理と質の高いデータの取得が特に困難です。複雑なプロトコル、トレーニング不足、一貫性のないデータ収集や分析により、患者が治験に参加する資格や患者の安全性、化合物の有効性について不確実性が生まれます。

最近の呼吸器系医薬品認可の80%を支援

心臓安全性中央解析

すべての心拍数を正確に監視し安全性を確保します。心臓安全性は有望な医薬品が開発中に中止されたり、市場から撤退することになる最大の理由です。安全性と有効性を確保するには、最大の経験と専門知識を持った臨床パートナーが必要です。臨床試験の段階やタイプにかかわらず、ERT には誰よりも多くの経験があります。

6800の心臓安全性の治験を支援