ERT 心臓安全性中央解析

すべての心拍数を正確に監視し安全性を確保します。

当社の専門知識で心臓安全性を実証

心臓安全性への懸念は、有望な医薬品が開発の遅れや中止のため市場に出ない主な理由のひとつです。安全性の問題には複雑な規制環境が伴うため、リスクを最小限に抑え、臨床治療をより速く、自信を持って市場に出すための専門的なガイダンスが必要です。


500+
心臓安全性医薬品認可
7700+
心臓安全性試験
1700+
早期臨床試験を
支援
2300+
後期臨床試験を
支援
200K+
治験実施施設総数
2M+
心臓安全性の患者

当社の経験がお客様の体験向上につながります

当社は心臓安全性における市場のリーダーとして、簡単で手間のかからない、柔軟な顧客体験を提供することを目標としています。迅速な構成や分析、品質主導の試験の可視性、および当社独自のテクノロジープラットフォームであるERT EXPERT®に統合された追加のエンドポイントで、試験を強化します。

タイムラインを加速し、問題を克服
計画や予算を常に守れるようタイムラインを加速し、問題を克服する支援をします。当社の第1相中核的研究拠点と共同で取り組むことで、臨床試験のプロトコルの改善、データ精度の向上、心臓安全性の研究に伴うリスク軽減が可能になり、臨床試験を成功に導きます。

高度な技術で不測の事態に備える
不測の事態に備え、自信を持って支援する体制が整っています。当社の革新的なソリューションや高度な技術を適用することで、試験の複雑さをより良く管理し、規制基準に妥協することなく試験を実施することが可能になります。

統合ソリューションで高い信頼性
心臓関連データの収集・分析を統合して一元化することで、心電図データに高い信頼性を与えることができます。当社はお客さまのプロトコルと試験実施施設に基づき、複数のエンドポイントに対する最善のデバイスや統合ソリューションを判断する支援をします。

Expert Precision QTでリスクを最小限に抑え、スマートな決定を下す

ミリ秒単位の精度が問われる中でも、Expert Precision QT(EPQT)を使用したアプローチで、自信を持って予期せぬ問題に対処し、早期臨床試験を期限内・予算内に完了することができます。

早期のリスク最小化でリソースを節約

研究によれば、化合物の90%は第1相試験を通過しません。早期の洞察やEPQTアプローチによる登録改善により、時間とリソースを節約できます。

  • Thorough QT(TQT)免除につながる正確な早期QT評価で、貴重な時間とリソースを節約します
  • 実用的なQTデータへの早期の洞察を活用し、パイプラインの優先順位付けやアウトライセンスの評価を向上させます
  • 以前のQT評価より緩和されたQT選択基準で登録を向上します

数百万ドルの開発費を削減し、化合物の価値を高める

科学と専門知識による高い信頼性

比類なき科学・技術・運用の専門知識を活用し、プロトコルから最終報告書まで支援します。当社の確かな実績と優秀な結果提供で、小規模な試験から最大規模の複雑な試験まで、結果に信頼性を持たせることができます。

  • 最適な品質と精度のために、最高の技術と専門知識を融合させたツール
  • 1,700を超える早期臨床試験を実施し、世界のどの心電図ラボよりも第1相試験のQT経験が豊富
  • 簡単で手間のかからない試験で期限・予算を守り、お客様のニーズに柔軟に対応

最高の技術と専門知識で品質と精度を最適化

正確な予見性

長年にわたり構築・科学的に検証された当社独自の方法で、決定的な精度向上を実現します。この手法を取り入れることで、試験のタイムラインの早い段階でリスクを排除し、より正確なQT測定を実施できます。

  • メソッドバイアス感度(MBS)解析により、各試験のデータの信頼性を確保します
  • 高いデータ精度を約束することで、臨床開発の後期段階でのTQT試験の必要性を減らします
  • 査読された発表や影響力ある産業研究で、方法の利点が証明されます

決定的に精度を向上させることで危険性を排除し、正確な測定を実施

SafePatient ECGで、グローバルな試験のための一元化した重要な専門知識を提供

ただ確認するだけではありません。SafePatient ECGソリューションで、臨床データを使用して後期臨床試験における重要な決定を下すことができます。

革新的ソリューションで、複雑でグローバルな試験のリスクを最小化

試験全体を通じて試験実施施設と緊密に連絡を取り、グローバルな試験のリスクを軽減するとともに複雑さを管理します。

  • 世界の規制や試験実施施設の要件に関する数十年にわたる洞察を活用します
  • 世界中の従業員と協力し、地域に合わせたグローバルな試験実施施設や試験を提供します。
  • フェイルセーフなグローバルロジスティクスで複雑さに対処します

グローバルな試験の複雑さを管理

一元化で予見性を得る

市場で最大規模の検証済み機器の在庫と分析オプションから選択できます。他に類を見ない24/7/365のカスタマーケアと、全体的な満足度98%を提供する専任の心臓専門医・専門家のグローバル規模のチームをご利用ください。

  • 信頼性の低い試験実施施設での心電図デバイスには、選択・除外に関する未熟な判断、患者への危険性、誤解を招くデータにつながるリスクがありますが、そのようなリスクを最小限に抑えます
  • 心電図の研究に専念する専任チームにより、試験実施施設でのトレーニングを向上させ、疑問を減らし、データ欠損をなくします。
  • データを一元管理することで、タイムアウトや不測の事態を管理する時間を削減できます

一元化の真の利点を
活用する

リアルタイムのデータアクセスで信頼性を高める

今すぐ利用できる、実践的かつ効果的な後期臨床試験のアプローチ。リアルタイム分析、一元化したデータ、統合ソリューションで、最高品質のデータをすぐに可視化します。

  • 洞察と効率のための、臨床試験データや運用データへのリアルタイムアクセス
  • 心電図データと他の試験データとの統合
  • 試験の進捗状況と問題の早期可視性

データと試験の洞察へのリアルタイムアクセス

正確で信頼できる長期の心臓安全性データを、自宅で収集

長期にわたる心臓安全性データは適切な計器がない場合、取得が難しくなることがあります。プロトコルに最も適した一元化データのストレージおよび標準化、検証済みの機器を豊富に取り揃えています。ぜひご活用ください。

ホルター心電図による収集

携帯型ホルターデバイスを使って、自宅で長期の心電図測定が可能です。

  • 標準化されたホルター心電図収集機器によって、同一のアルゴリスムが提供され、中央データベースに送信されます
  • 長期の心電図データを携帯型ホルターデバイスからのデータと統合することで、簡単かつほぼリアルタイムのデータ収集と分析が可能になります
  • 他の電子臨床データと統合された ECG データへのほぼリアルタイムの可視性でリスクを予測、軽減


携帯型ホルターデバイスを使って、自宅で長期の心電図測定を行う方法をご覧ください。


自宅で快適に、長期にわたる質の高い心電図測定

標準化した血圧データ収集

当社の携帯型血圧測定(ABPM)技術では、自動化した非侵襲的デバイスとしてAmbulo™2400デバイスを使用し、長時間(通常24時間)にわたって血圧を測定します。

  • 自宅での血圧データ収集を標準化、集中化
  • 成人と小児の使用が検証され、試験実施施設から当社の中央データベースに直接血圧データを送信します
  • プロトコルへの遵守を強化し、データの質を向上させ、治験医師の作業量を減らし、全体的なユーザー体験を改善します
  • 収縮期血圧、拡張期血圧、平均動脈圧、心拍数、睡眠周期を昼と夜で測定します

自宅で快適な携帯型血圧測定

詳細を見る

パンフレット:心臓安全性の概要

統合された心臓安全性ソリューションをご覧ください。

パンフレット:心臓安全性評価コンサルティング

当社の心臓安全性チームによる専門サービスについて詳細をご覧ください。

その他の知見

Webinar:臨床試験でのデータ収集に向けたベストプラクティスアプローチ

臨床試験データを当社の最新ウェビナーに集中化させるメリットについて詳細をご覧ください。

プレスリリース:ERTはより高精度な心臓安全性評価向けに第1相試験QT研究拠点を発足

当社の新しい第1相試験QT研究拠点とExpert Precision QT(EPQT)によって、お客さまの次の臨床試験を支援する方法をお読みください。