ERT 呼吸器

データの質を要求すれば、呼吸器系の治験でも安心

呼吸器系の治験データの質を向上

呼吸器系の治験ではリスク管理と質の高いデータの取得が特に困難です。複雑なプロトコル、トレーニング不足、一貫性のないデータ収集や分析により、患者が治験に参加する資格や患者の安全性、化合物の有効性について不確実性が生まれます。

550
呼吸器系の治験
500K
患者
45K+
治験実施施設総数
93
対応国
105
言語

集中化されたスパイロメトリーおよび肺機能検査向けの実証された呼吸器ソリューション

診断、自宅用スパイロメトリー、および肺機能検査(PFT)があれば、呼吸器系データの質を最適化して、患者と治験実施施設のパフォーマンスを向上させ、プロトコルの遵守を強化して、治験実施施設の負担を軽減できます。

変動性の縮小
スパイロメトリー、FeNO、DLCO、ECG、eCOA機器を統合して、ワークフローを自動化することで、治験の管理とデータの可視性が改善され、治験実施施設が治験の開始時に適切な患者を登録しやすくします。ほぼリアルタイムの組み入れと除外アラートおよび中央でのオーバーリードにより承諾されたデータのほぼ100% の変動を削減します。

完璧なホームモニタリング
患者が診断に用いる測定器は携帯式で、毎日、快適に測定値を記録できます。統合されたソリューションで、患者が生活の質、主観的なフィードバックと病状悪化の症状を監視できるようにします。記録されたデータにより医師は患者ケアの質を改善するために治療計画を評価、調整できるようになります。

負担を減らしてより質の高いデータ
当社の教育&トレーニングチームとカスタムのワークフローが医師がプロトコルに厳密に従うように導き、患者が正しい操作を行うよう指導します。複数のプロトコルと複数の言語によるサポートで研究を合理化し有効性を高めます。集中化されたデータ監視およびグローバルプロジェクトとカスタマーケアにより、当社は臨床試験チームが最高の質のデータを得られるようお手伝いします。

スパイロメトリー診断および肺機能検査

呼吸器系データの質を最適化して、患者のパフォーマンスを向上させ、プロトコルの遵守を強化して、治験実施施設の負担を軽減できます。

集中化されたスパイロメトリー

スパイロメトリーは有効性を裏付け、安全性を確保するうえで、診断、患者のスクリーニング、臨床研究データに欠かせないツールです。

  • 集中化されたデータ収集と分析
  • カスタマイズされたプロトコル固有のワークフロー
  • 複数のプロトコルおよび複数の言語に対応しているなど、より優れたパフォーマンスと有効性を得るために設計されたソフトウェア
  • 高性能のMasterScope™プラットフォームにある統合スパイロメトリー、12誘導心電図、患者報告アウトカム/ダイアリー、ホームモニタリング、FeNO
  • 携帯式で一体型の FlowScreen™ 付きのデスクトップ肺活量計

集中化された DLCO

ndd® の EasyOne Pro® を備えた携帯式の 1 回呼吸 DLCO 測定および肺活量/努力呼吸能測定と集中化された DLCO サービスによるデータ:

  • 肺のガス交換能力を測定する役に立つ肺機能検査
  • プロトコルのニーズ、検査、レビューおよびデータ解釈を考慮したカスタム設定
  • 必要とするスペースが最小限で設定が簡単、高解像度のタッチスクリーン、ATS/ERS 規格に対応、自動校正
  • ほぼリアルタイムのアラートと中央オーバーリード

集中化された DLCO サービスで質の高いデータを確保

集中化された FeNO

NIOX VERO® 機に統合されたポイント・オブ・ケアで気道炎症を評価:

  • 喘息、慢性の咳の評価や他の呼吸器系の問題をもつ患者におけるアレルギー性の気道炎症を評価、比較
  • MasterScope™ が統合されており使い方が簡単で分析時間も短縮
  • 信頼できる正確な結果

FENO 測定で気道炎症を評価

ボディプレチスモグラフィー

集中化された測定と残気量の分析、機能的残基量、全肺活量の分析を利用。この方法は肺容量の測定、特に気管支樹とのガス交換のない空間が肺にある患者の肺容量測定での究極の基準となっています。試験は迅速に行うことができ、絶対値が得られます。

よりすばやく、より正確な肺容量の測定

スパイロメトリー・ホームモニタリング

簡単になったホームモニタリング診療所内でのアセスメントではなく患者の自宅で測定したスパイロメトリーによる測定値が肺機能データの質を最適化し、プロトコルの遵守を高めます。

AM3TM

家庭用肺活量計と電子ダイアリー:

  • 統合された使い方の簡単な家庭用肺活量計と電子ダイアリー
  • PEFやFEV1など、関連するすべての肺活量パラメータの測定および保存
  • 重症度や容量など症状、事象および投薬を記録
  • ウェブ上にアップロードしGSMグローバルテキストメッセージ送信のオプションあり

AM1+™

携帯式の自宅用患者監視リモート肺活量計:

  • 携帯式の自宅用患者監視リモート肺活量計
  • PEFやFEV1などすべての肺活量パラメータの測定
  • 患者報告の症状、事象および投薬を取得
  • 取得したデータを Bluetooth や適切なモデム、スマートフォンを通して無線で送信可能

Clean Peak Flow Meter™

最大呼気流量(PEF)を測定する患者の自己アセスメント用ツール:

  • 最大呼気流量(PEF)を測定
  • 呼吸器系の症状の教育、管理、治療において患者を支援します
  • 薬物治療がどの程度効果的に作用しているかを判断し、今後の発作や症状の悪化を早期に警告します

詳細を見る

パンフレット:呼吸器ソリューション

集中化されたスパイロメトリーと肺機能検査ソリューションによるプロトコルの最適化について詳細をご覧ください。

パンフレット:呼吸器系分野以外のソリューション

呼吸器系以外の治療分野において、当社が呼吸器系の評価項目および安全性データの収集をサポートする方法について詳細をご覧ください。

その他の知見

ケーススタディ:世界の製薬会社は95%を超えるデータ受容性を達成??

グローバルな治験依頼者が追跡ぜんそく調査においてリスク管理分析と統合した呼吸ソリューションを活用して95%を超えるデータ品質を実現している方法についてご覧ください。

ケーススタディ:世界の製薬会社は COPD 患者に対する気管支拡張薬の有効性を実証しています

グローバルな治験依頼者がリスク管理分析と統合した呼吸ソリューションを活用して COPD 患者における気管支拡張薬の既存治療に比べた優位性を実証した方法についてご覧ください。